乳首の黒ずみを防ぐ入浴方法


お風呂への入り方に気を付けることで、乳首の黒ずみを防止することができます。

 

お風呂に入るときに、熱めのお湯に浸かるのが好きな人は、それだけで肌に負担を与えています。特に肌質が敏感でちょっとした刺激にも弱い人は、熱いお湯に浸かることで乳首に強い刺激を与えてしまうのです。

 

お肌に色素を沈着させたくないときには、ぬるま湯に浸かるように気を付けてみるとよいです。

 

また、お風呂にはいったときには体を洗いますが、洗い方や使用する洗浄剤によって黒ずみが起こってしまう場合もあります。

 

体全体を強い力でこすってしまうと、乳首に刺激を与え黒ずみの原因となってしまいます。ボディタオルやスポンジを使って洗う時には、力を入れすぎないように気を付けてみましょう。どうしても力が入ってしまう時には、泡だけで洗うのもお勧めです。

 

石鹸を充分に泡立て、その泡だけで乳首を軽く洗えば余計な刺激を与える心配がなくなるため、黒ずみは起こりません。

 

また、泡だけで洗うことで肌に摩擦を与えることがなくなるため、お肌の乾燥も防ぐことができるのです。乾燥によっても、肌の黒ずみは起こりやすくなるので、ダブルで乳首の黒ずみを防止したいときには、試してみるとよいでしょう。

 

お風呂に入るときの方法に気を付ければ、色素沈着を防止できますが、使用する石鹸の成分にも気を付ける必要があります。石鹸に植物成分が入っていると、体質によってアレルギーを起こす場合があるのです。黒ずみを防ぐためにも、アレルゲンが入っていない石鹸を使ってみてください。

 

アトピーが原因の乳首の黒ずみ

 

既に乳首がかなり黒ずんでいる人は、効果的なアイテムを使用して色素除去を行ってみるとよいです。

 

乳首の色素沈着がかなり進んでいる人でも、ビタミンC誘導体を含んでいるクリームを塗ることで、気になる黒ずみを解消することができます。ビタミンC誘導体は、メラニンを解消したりメラニンができてしまうことを防止する働きが強いので、乳首の黒ずみに悩んでいる時の使用に最適です。黒ずみが起こってしまった時には、この成分を含んでいるクリームを塗ってみるとよいでしょう。

 

また、より強い効果のある成分として、ハイドロキノンが存在しています。ハイドロキノンは、漂白効果が高いため色素沈着している乳首に利用することで、黒ずみを解消することができます。

 

この成分を利用すれば、はっきりとした効果が期待できますが、繊細な乳首に塗るため含有している量に注意しないといけません。

 

ハイドロキノンが入っているクリームを使いたい場合は必ず皮膚科や美容外科で処方してもらってくださいね。

 

 

 

乳首の黒ずみを解消するクリームの選び方

 

化粧品で、乳首の黒ずみを改善したいときには、油分の少ないものを選んでみましょう。

 

乳首の黒ずみを解消するためのジェルやクリームは多く販売されていますが、油分が多めになっているものは浸透性がよくありません。付けた後しばらくしてもお肌に油分が残ってしまい、空気と触れることで酸化しやすくなるのです。

 

油分が酸化してしまうと、肌が色素沈着を起こしてしまい黒ずみが悪化してしまいます。ジェルやクリームを選ぶときには、あまり油分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

また、使った時にのびがよいものを選ぶことで、乳首の黒ずみを解消しやすくなってきます。伸びがよいクリームを使用すれば、軽い力で塗ることができるため肌に刺激を与えることがありません。

 

余計な刺激を与えることがなければ、メラニンが発生することもなくなるため、黒ずみを予防することができるのです。

 

ジェルやクリームの中には、値段が高めのものがありますが、伸びが良ければ少量のみの使用でよくなってくるので、トータルでみたときに経済的です。少量であれば毎日使用したとしてもなかなかなくならないので、長く使っていくことができます。

 

しかも、高価なジェルやクリームには、メラニンに働きかける効果の高い成分が多めに含まれているので、黒ずみにも働きかけていくことができるのです。ジェルやクリームを選ぶときには、値段ではなく伸びのよさを重視して選ぶと、使用したときの満足度も高くなるでしょう。

 

乳首の黒ずみクリームなら【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!のサイトが参考になりますよ。